» 未分類のブログ記事

購入と消費税

| 未分類 |

 

今年の4月から消費税が8%に増税されました。これは私達消費者にとって、とても大きな問題です。
税が増加した事で、今までの商品が、より高く感じられるようになりました。服飾雑貨もそうですし、食品もそうです。また、サービスを利用した時にも、税金が8%とられるようになってしまったので、それだけ高く感じますし、ちょっと高いなと感じてしまう事もあります。
この増税は、投資や住宅ローンにも影響してくるものです。住宅を購入する時には、税金も勿論かかってきます。不動産投資をする方も多いと思いますが、不動産投資にかかる税金も、以前より高く感じてしまう事と思われます。
住宅ローンの契約をする方も同じです。ローンを契約した時にかかる費用は税率を基に計算されます。ローンの申し込み費用や手数料、保険料などにも、税率は影響してきます。
住宅などの大きな買い物をする時は、税がどのように関わってくるのかをきちんと把握してから買うようにしなければいけません。
そうでないと、実際に想定していた金額より、かなり手数料が高く感じられたりと、とても損な気分になってしまう事があるのです。
まとまった出費がある時は、税の仕組みもきちんと理解しておく事も大事です。もう一度よく冷静に検討してみるといいです。

 

取引と所得税

| 未分類 |

 

金投資を行い、利益が発生したら所得税として確定申告を行う必要があります。ただ所有している時点では確定申告をする必要はありません。
確定申告をする際には、支払い調書を作成します。この書類の提出先は税務署になります。
売却益は、譲渡所得や雑所得そして事業所得に分類されます。これらは、取引形態の違いによります。例えば、営利を目的として継続的に売り買いをしている場合には雑所得です。事業として取引を行っていると事業所得に該当します。この場合には、総合課税の対象になるので注意が必要になります。
物によっては、損益通算が出来る財産もあるので確認をすると良いです。
金投資とは、金を売り買いして利益をえる方法になります。金の相場は、毎日変わります。この金の相場の上下を利用して利益を出します。
金投資には、幾つかの種類があります。代表的なものが、純金積立や金FTFそして投資信託です。金の地金や通貨を対象にする人もいます。
投資に使える資金や、リスクを考慮してどの様に投資をするのか決めます。金投資のメリットは、そのものに資産価値があることです。
その他に、通貨と異なるのでインフレに強い事になります。また、日本以外でも投資が可能なのもメリットです。

 

金先物取引と税金

| 未分類 |

 

金先物取引の確定申告は申告分離課税となり、税率は一律20%で、内所得税は15%、地方税5%となります。他の所得とは合算せずに分離して税額を計算する必要があります。
ただし他の先物取引とは損益通算が出来ます。例えば、金先物取引ではプラスですが、FXではマイナスの場合、合算して損益を出し申告することになります。
必要経費として計上出来るのは、取引に利用した電話代、インターネットなどの通信費、先物会社への送金費用などです。
先物取引で損失が出た場合でも申告の必要があります。年間でマイナスになってしまったから申告は必要ないと思い提出しないと、翌年に繰越し控除が出来ません。損失は3年間繰越し出来ますから必ず行います。先物会社は売買情報を税務署に提出する義務がありますので、確定申告をしなくても利益・損益はわかります。
サラリーマンなど副業で取引をしている時は収益が20万円以下の場合は申告をしなくても良いことになっています。20万円を超えた場合は分離課税となるため、会社の事務処理とは別枠となります。
専業主婦の方が先物取引で利益を出した場合は、基礎控除額の38万円を超えると扶養家族に該当しなくなり、基本的に税金の納付義務が発生します。健康保険と年金に関しては収益の金額により変わってきます。

 

純金積立と税金

| 未分類 |

 

純金積立とは一定金額で金を購入し、これを毎日繰り返すことで積立をしていく金融商品の一種のことを言います。誰でも手軽に始められることから近年注目を集めている投資方法の一つです。純金積立と同じ仕組みでプラチナ積立というものも存在します。
システムとしては毎月金融機関口座から一定金額が自動で引き落とされ、そのお金を元にドル・コスト平均法というもので自動的に営業日ごとに金を買い付けるというものです。金というものは日によって価格が変わりますので、その日の金の価格に応じて買い付け量が調節されます。
目標額を達成すると解約という流れになりますが、その際には税金が発生します。これは積立を行い利益が出た場合で、この時に譲渡所得と雑所得という種類があります。積立の目的によってどちらの種類かを判断され、営利目的であるとされた場合は雑所得、営利目的ではないとされた場合は譲渡所得となります。
利益が出た場合には確定申告を行い、納税をすることになります。譲渡所得・雑所得どちらも総合課税の対象になりますが、取扱業者によってその判断が分かれる複雑なものとなっているため、税務署に行って判断を仰ぐことが賢明です。税務署では個別のケースにも対応して判断してくれます。

 

金投資と確定申告

| 未分類 |

 

金投資をしていて、購入時より金価格が上がっていて含み益が乗っているから、売却して譲渡益を得た場合は、所得税が発生し、原則として確定申告をしなければならなくなります。
金の譲渡益は、株やFXの譲渡益と違って総合課税の対象となり、累進課税が適用されます。しかし、金の譲渡益全てが課税対象になるわけではなく、控除などを適用して算出された譲渡所得が課税対象になります。
その計算方法は、金の所有期間が5年以内の短期である場合と、5年超の長期である場合に分けられます。短期の場合は、金の譲渡益とそれ以外の総合課税対象となる譲渡益を合計した金額に、特別控除50万円を差し引いたものが譲渡所得となります。一方、長期の場合は、短期の方法で算出した金額に、2分の1を掛けたものが譲渡所得となります。
一方、金の売却では、必ずしも利益が出るとは限りません。購入時よりも金価格が下がり、さらなる下落が見込まれる時に行う損切りもあります。この場合は損失が発生しますが、他に会員権など総合課税対象の譲渡所得がある場合は、それらと損益通算することが出来ます。ただし、給与や事業所得などと損益通算することは出来ません。また、株やFXのように、損失を翌年以降に繰り越すことも出来ません。

 

 

金投資は金そのものに価値があり安定性が高いため、持っている資産を長期的に守ることに向いています。金を輸入している日本では、金相場よりも為替相場が大きく影響するという側面があります。つまり円高では安値、円安では高値となっていきます。
金相場は日々変動しています。日本ではグラムあたりの円建てで取引が行われ、1トロイオンスあたりの米ドル建ての国際相場を円で換算し、それを31.1035で割って算出し国内相場が決まります。そのため金相場と為替相場、両方の変動を考慮することが必要になるほか、輸送費や製造、流通費も影響します。
金相場は、インターネットから最新の情報を得ることができます。実際に見てみると、過去1ヶ月間で4,500円台から4,700円台の幅での動きがあります。店頭での売買価格には、さらに手数料と消費税も加わります。
金投資においては、購入のタイミングをおさえることは大きなポイントです。それだけでなく、保有する金の形態によっては、時代とともに価値観が変化するものもあり、そうしたことを考慮する必要があります。長期的な資産形成か短期的な資産運用かという目的によって取引形態も異なるため、金相場の見通しとともに、こうした投資の目的を明確にしておくことが大切です。

 

 

金投資を行う際に気を付けたいのは、どのように管理していくかということです。投資方法によっては、預けられるところを変えなくてはなりません。
金地金で管理していく場合は、金庫を使うのが一般的な方法と言えます。しかし、丸ごと盗難される恐れがあることから、違う場所に隠すという人も多いです。意外な場所としては、トイレタンクや冷蔵庫を利用する人がいますが、人それぞれの工夫が見られます。
安全な方法としては、耐火性の高い金庫を自宅に設置したり、銀行などの金融機関に預けるという方法があります。地金は、刻印内容などを記録しておけば、万が一盗難などに遭った場合でも対応してもらうことが可能となります。
純金積立という方法の場合は、一般的に販売会社が金を保存するシステムとなっています。2通りの方法があるので、紹介しておきます。
消費寄託という方法は、複数の契約者の積立で買い付けられた地金を、リース市場で運用する管理システムとなっています。金の運用で得た利益を、年間ボーナスや手数料の割引といった手段で還元してくれます。
特定保管という方法は、投資信託の分別管理と同じシステムです。積み立てて購入した現物を、取扱会社がそのまま保管(保有)し管理していくシステムです。

 

 

純金投資の場合、リスクが少ないため初心者の方でも簡単に始めやすいと評判です。この投資方法は、毎月一定額で金を少しづつ購入する方法で、日々変動する金のレートによって、売るか売らないかを判断することができます。
また、購入した金は自分で保有することはなく、会社が保有してくれるため、安心して価格推移を見守ることができます。そもそも、金と言うのは、様々な物質が混ざっており、あまり高値で取引されません。しかし、まざり物がない金であれば、純粋な金であるため高値で取引されます。
また、FXなどの投資方法などとは違い、会社側が残高証明や金保有量の報告書を、規定ごとに提出してくれるため、急になくなってしまうということは滅多にありません。長く積み立てれば、その分だけ価値は上がっていき、金は世界で認められているため、同等のものと交換することも可能です。
また、現金が必要なときに、必要な現金分だけ金を売却するということも可能なため、初心者の方でも安心して利用することができる投資方法の一つであるということができます。
また、積立金額が一定であり、毎月銀行口座から引き落されるため、支払いを忘れるということはありません。これも安心して利用することがポイントの一つです。

 

金投資の概要説明!

| 未分類 |

 

国内の金取引は1グラム単位の円建てで行われ、国際価格をその日のドルレートで換算して手数料と消費税を加えて決められます。
金投資を考える時はこのように、金の価格の他に為替レートの変動も考慮に入れなければなりません。金相場も為替レートも国際情勢に大きく左右されますので、常にウオッチする必要があるということになります。
金取引のメリットは、企業の経営状態に左右される株式や債券と違い、工業用や医療用用途があり、金自体に価値があるということです。価格が下がることはありますが、価値がゼロになることはなく換金しやすいというのも長所です。
デメリットは配当や利息が付かないこと、保管する手間とスペースが必要なことです。盗難を考えて保険をかけたり、保管には銀行の貸金庫を利用する人も多いですが、これには費用が掛かります。売買のタイミングによっては大きな損失を出すこともあり、もちろん元本は保証されません。
金取引には純金積立でこつこつためるほか、インフレに強い金地金を保有するというのはよく知られています。
金鉱山や金を保有する投資信託に投資する方法もあります。これは分配金も受け取ることが出来て上場されていますので、株と同じように取引できます。