金投資と確定申告

| 未分類 |

 

金投資をしていて、購入時より金価格が上がっていて含み益が乗っているから、売却して譲渡益を得た場合は、所得税が発生し、原則として確定申告をしなければならなくなります。
金の譲渡益は、株やFXの譲渡益と違って総合課税の対象となり、累進課税が適用されます。しかし、金の譲渡益全てが課税対象になるわけではなく、控除などを適用して算出された譲渡所得が課税対象になります。
その計算方法は、金の所有期間が5年以内の短期である場合と、5年超の長期である場合に分けられます。短期の場合は、金の譲渡益とそれ以外の総合課税対象となる譲渡益を合計した金額に、特別控除50万円を差し引いたものが譲渡所得となります。一方、長期の場合は、短期の方法で算出した金額に、2分の1を掛けたものが譲渡所得となります。
一方、金の売却では、必ずしも利益が出るとは限りません。購入時よりも金価格が下がり、さらなる下落が見込まれる時に行う損切りもあります。この場合は損失が発生しますが、他に会員権など総合課税対象の譲渡所得がある場合は、それらと損益通算することが出来ます。ただし、給与や事業所得などと損益通算することは出来ません。また、株やFXのように、損失を翌年以降に繰り越すことも出来ません。